ドラゴン記

関西出身社会人2年目の、自己満ブログ。思ったことをツラツラと。

他人は自分の鏡

明日提出の履歴書(会社指定)があると知った時の私の顔

ちなみに知った、っていうか思い出したのはさっきで、明日から東京で、今晩は先輩と飲みます(笑)

ツムツム!!!



たぶん新幹線で書きます、、笑

どこまでもギリギリ人間や〜〜(^q^)















別に今日感じたことじゃないんですけど、誰かが誰かに異常なほど腹を立ててる時に絶対思うんですけど、、、

他人は自分の鏡なんですよね〜


理不尽なことじゃない限り、異常なほど腹を立ててる時って、「あの人のここが許せない!!!」とか「あの人は何でこういうことするの?!!」みたいな感じだと思うんです。


でもそれって、たぶん、誰かに何かを指摘された時にイラっとしてしまうのとちょっと似てて、図星の時の感覚に似てて、


他人の許せない部分は、自分の許せない部分と重なってるところもあると思うんです。


しかも、大抵は、その自分の許せない部分を自分では分かってるつもりだけども認めてはいません。


なので無性に腹が立つし、でも相手にそれを伝えたりはなんとなくできないし、それが「なんかムカつく!腹立つ!許せない!」みたいな感情になっていくんだと思います。






人間は皆、自分が一番かわいいです。



自分のことが一番大切だし、自分だけを守ろうとする意識が必ずどこかで働きます。

だから、自分のことは棚に上げて物事を考えちゃうんですよね。



自分の許せない部分を認めてる場合、他人に腹が立った時でも
「私もそういうところあるよなあ。気をつけよう…」
と思えますし、そう思うとすうっとイライラが消えていきます。

不思議ですね〜




そういうふうに考えるようになってから、誰かに異常なほど腹を立てられた時(滅多にありませんが笑)

「この人は自分も同じことしてるってことに気付けないまま喚き散らすしかできないんだな…かわいそうに……」

と、謎の聖者モードで相手を分析できるようになりました(笑)



私性格わるいですね(笑)




でも実際、そういうふうに捉えると、すごく楽なんです。人間関係、煩わしいことが多いのが事実ですが、とても楽に割り切ることができます。


それがいいのか悪いのかは分かりませんが…笑





ふと思い立ってこんな記事を書きました。




図星っていうのは、指摘された時だけではなく、他人への反応でも見られる感覚なのかもしれません〜







とりあえず、明日提出の履歴書、明日の新幹線でちゃんと書き上がりますように(笑)